MENU

マンションは、部屋の中は専有部分と行って自分だけのものですが、エントランスや廊下などの共用部分は共有部分といって、マンションの所有者全員の共有財産です。

 

 そのため、共有部分の維持や補修に備えるために、毎月修繕積立金を集めて、長期修繕計画に基づいてメンテナンスを行っています。

 

 

 

 修繕積立金は、積立といっても、マンションを売却しても返金を受けることはできず、部屋の所有権とともに次のオーナーへと権利が引き継がれていきます。

 

 中古マンションを購入する場合は、修繕積立金の積み立て状況や、過去の大規模修繕の実績についても確認しておきましょう。

 

 

 最近外壁などの大規模修繕が済んでいれば当面は大きな工事は不要だとわかりますが、修繕積立金が十分に溜まっておらず、修繕工事が長いこと行われていないマンションでは、積立金不足が起こっている可能性があります。

 

 自分が所有しているときに、修繕工事の必要があって積立不足になっていると、一時金を支払う必要が起こることもあります。

 

 

 

 長期修繕計画通りの施工実績があり、積立金も十分にあれば安心です。

2/23