マンション メリット

毎日の暮らしが本当に快適です

マンションは高齢者にとっても、住みやすいと思います。
自分で家の周りを掃除したり、庭の管理や手入れなどをせずに済みますし、防犯面も管理人や警備員がいたりして目が行き届いているということもあって、私の祖母はマンションへと引越しを行ないました。

 

そんな私もマンションに住んでいるのですが、毎日の暮らしが本当に快適です。

 

マンションは面倒な町内会などの人間付き合いや、掃除の集会なども無いので住んでいて本当に気楽ですし、ゴミがいつでも捨てられたり、宅配ボックスがあるので自分で宅配便を受け取らなくても良かったりと、毎日の暮らしが快適です。

 

 

また、庭では無くてベランダなので掃除も簡単ですし、雨の日であっても土がぬかるんだりもしません。
ただ、マンションは集合住宅なので慣れるまでは少し騒音が気になることがあったり、配管や水回りが連動しているのでしょっちゅう点検やメンテナンスがあったり、朝はエレベーターが混むということは住んでみて初めて気が付きました。

賃貸契約と比較するとわかりやすい

マンションを上手に売却するには、タイミングが肝心です。
これは特に、景気変動、あるいは周辺環境の変化など、長期的なスパンでのタイミングになります。

 

これは賃貸契約と比較するとわかりやすいです。
賃貸マンションならば、1年の中で細かな変動があります。

 

一番需要が大きくなるのは新年度であり、多くの人がこぞって賃貸契約を行います。
また、長期休暇なども需要は高まります。

 

これほど細かい変化はないものの、物件を売る際にも1年の中で需要の多少の変化はあります。
賃貸と同じで、住宅購入の需要は春に高まります。

マンション,メリット

理由も同じであり、転勤や異動による引っ越しが多くなるからです。
そうでなくとも、住宅を購入して新生活を始めるのに、春先は何かと都合が良いものです。

 

したがって、4月の引っ越しを見据えて、年明けの1月を除いた2月から3月にかけて、需要は高まっています。
価格の変動はなくとも、希望者が多いので、早く買い手がつく可能性があります。

 

賃貸と比べて購入の際には、大きな金額が動くので、購買意欲の高まりは非常に重要なポイントです。
さらに、9月から11月の秋口にかけても、良いタイミングと言えます。

 

年明けの春からの引っ越しを考える人、あるいは新年を新居で迎えたいという人が多く、購買意欲が高まるのです。
ですが、それほどタイミングに神経質になる必要もありません。

 

住宅購入を希望している人は、1年単位で準備を行っています。
何年もかけてじっくり選ぶ人も少なくありません。

 

そして、希望者の多くは情報誌やサイトなどをチェックしています。
このため、1年を通して需要が特に低くなる時期も実はありません。

 

長期的なタイミングについては、ローン金利の変化、税制改正といったものが影響をあたえるので、そのタイミングで売るのもいいでしょう。
即日融資のサイトなら

 

間取り変更の自由度が設けられている最近のマンション

 

マンションは、その屋内に関しては一戸建ての建売住宅と同じで、規格品の間取りになっているために、インテリアの模様替えはできても、間取りそのものを変えることはできないわけです。

 

それでも建売の一戸建て住宅の場合には、購入後に自前で改造することもできるわけですが、マンションの場合にはそれができなかったわけなのです。

 

ところが、最近ではその間取りを変えることのできるマンション、というものが表れているのです。
これは、従来では建物の一部として固定された壁になっていたものが、取り外し自由な間仕切りパネルになっているために、その分だけ間取りを変えられるようになっていて、取り外して大広間にすることもできれば、取り付けて二つ三つの部屋に区切ってしまう、ということもできるようになっているのです。

 

このように、間取り固定であったマンションも、間取り変更がかなり出来る仕様になったことで、その間取りの自由度が大きくなってきているのです。

1月11日